求人広告の気になる反響率
2017.02.02

subimg02仕事を探すときにはタウンワークを利用するという人も多く、その認知度はかなり高いことは確かです。利用する人が多いということはその分タウンワーク掲載をし求人広告を載せることで、その反響が高いことも間違いありません。利用している人が多い方が反響率があるので、タウンワークに求人広告を掲載する価値は大いにあるといえます。全国の求人情報を見ることができ、働き先を探すときには無料で利用することができるのがタウンワークの特徴ですが、掲載する立場となれば料金が発生します。反響があり応募者が多いに越したことはありませんが、ただ反響があれば良いという問題でもありません。より良い人材を集めることが大切になってきます。

優秀な人材を集めるためには、タウンワークのように利用者数の多いものを利用するようにすることで、より多くの人材が集まることになります。人が集まればその中から最も良い人を選ぶこともできるようになります。採用試験や面接に多くの人が集まることが第一に重要になりますが、人を集めるためにはどのスペースに掲載されるのかや掲載するタイミング、期間が重要になってきます。良いスペースだったり大きくなればその分利用者の目にもとまりやすくなります。しかし好条件のスペースと大きさとなれば、その分掲載に必要となる費用もアップすることは頭に置いておかなくてはなりません。ですが、その出費を惜しんでしまい良い人材が集まらないとなれば意味がないので惜しむべきではありません。

求人広告を扱っている情報誌や情報サイトは数多く存在しており、掲載する側となればどれが良いのかで頭を悩ませることになるのではないでしょうか。掲載費に違いがありますが費用以外にも異なる点はあり、機能の違いをよく比較してから選ばなくてはなりません。広告としての機能が充実しているものを選ぶことで、利用する人も増えタウンワークならば反響率が高いことはかなり期待することができます。働き先を求める人が増える時期ならば、その分より多くの人材が集まることになるので、いつでも掲載しておけば良いということではありません。長期間掲載しておくことで費用もかかってしまいますが、それだけではなくいつ見てもある求人情報は目にとまりにくくなってしまいます。どのタイミングで掲載すれば反響率が良いのかということもよく考えておき、本当に優秀な人材が集まる時期に載せるようにしましょう。

▲ ページトップへ